各種ファイル形式を簡単に読めるソフト開発プロジェクトについて

2021年6月27日掲載

Bookworm(ブックワーム)

Bookwormは、多機能でありながらシンプルでアクセス性の高いインターフェースを使用した、PDF、EPUB、MOBIを含む15種類以上のファイル形式を読むことができるドキュメントリーダーです。
Bookwormは、文書を読むための豊富な機能を提供します。文書の検索、しおり機能やハイライト、音声合成の使用、光学式文字認識(OCR)を使用してスキャンした文書をテキスト形式に変換することができます。
Bookwormは、Windows上で動作します。また、NVDAやJAWSなど、多くの読み上げソフトに対応しています。さらにスクリーンリーダーがなくても、Bookwormは、windowsの内蔵のテキスト読み上げ機能を使用して、自動音声アプリケーションとして機能します。
Bookwormはフリーでオープンソースのアプリケーションです。GitHubページでBookwormのソースコードや開発状況を見られます。
視覚障碍者は流通している出版物の大半を読むことができません。
たとえば、100タイトルの書籍があれば、そのうち、視覚障碍者が数冊しか読むことができません。
世界盲人連合は2008年にこの状況をBook Famineと呼び、深刻さを表現しています。
Bookwormはこの問題の解消に大きく寄与するものだと弊会が考えています。
ムシャッラフ氏が大学時代に、自分自身の読書問題を解決すべく開発を手掛けたBookwormはやがて世界中の視覚障碍者の豊かな読書文化を支える技術になるとわれわれは判断し、支援を決めました。
今年度は、サーバーのレンタル費用や機材の購入などといったささやかな支援をさせていただきました。その結果、新しいバージョンがリリースされ、機能が大幅に向上しました。
しかし、Bookwormのポテンシャルは大きく、開発はまだ入り口の段階だとムシャッラフ氏の鼻息が荒い。
CAPEDSでは、これまでにスーダン共和国の視覚障碍者に限定して支援活動をしてきました。
しかし、これからは、多くの視覚障碍者が直面する課題の解消に寄与するスマートソリューションを中心に支援活動を展開していきます。
みなさんからの温かいご支援を期待しております。
Bookwormの開発者
ムシャッラフ・オマル(スーダン人の視覚障碍者プログラマー)
プロジェクトURL
https://getbookworm.com/